私たちは、更年期に関する正確な知識の普及および医療水準の向上を目指します。

銀座部会

メノポーズカウンセラーによる参加型学習

銀座部会は当会の最も新しい支部です。部長の越川典子(こしかわ のりこ)さんは、雑誌の編集者として長らく更年期女性の取材を行ってきました。本人も更年期を経験し、当事者として発信を続けています。銀座部会の開催場所は小山嵩夫クリニックとなっており、サロン的な雰囲気の中で会合が行われています。

銀座部会の参加者は毎回テーマに沿った発表を行い、活発な意見が交換されています。メノポーズカウンセラーとしての活動報告も行われており、どのような活動をするか迷っているメノポーズカウンセラーにも有益な場所といえます。

NPO会員、非会員を問わず参加できますが、席に限りがございます。空席状況につきましては、NPO事務局までご確認ください。

銀座部会の様子

支部長より

unnamed

2015年4月からスタートした「銀座部会」は、メノポーズカウンセラーの活動支援を目的にした勉強会です。「資格はとったものの、充分な活動ができていない」「活動のヒントがほしい」というニーズを受け、立ち上げました。その機能と目的は3つあります。

  • 問題共有の場とし、解決策をまとめていく
  • グループワークの場とし、部会発の提案を発表していく
  • スキルアップの場とし、参加者の活動向上につなげる

活動は、あくまで「自主的」であること。そして、一人ひとりの活動を具体化していくことが最大の目的です。そのため、毎回テーマを設け、1人につき5分程度のプレゼンテーション(あるいはスピーチ)をすることをスタンダードとしています。

かといって、堅苦しい雰囲気はありません。
必ずプレゼンテーションをする必要もありません。
参加するだけでも大丈夫です。

他のメノポーズカウンセラーがどんな活動をしているのか、しようとしているのか、聴きに来てください。自分だけではできないことも、力を合わせれば実現できるかもしれません。一緒に銀座部会を盛り立てていこう、そんな気分で参加してもらえればうれしいです。

今まで銀座部会で取り上げたテーマは以下の通りです。

クリックするとこれまでの活動履歴が確認できます

HRTリテラシー

毎回、設定されたテーマについて、自分の考えをまとめ、発表することで、知識の過不足に気づいたり、新たな発見をすることも。そうして集約した情報を目に見える「形」にしていくことを目的としています。その第一弾として、フリーペーパー「HRTリテラシー」を刊行しました。編集に協力したいという人、大歓迎です。他にも、資料づくり、オリジナルの更年期体操の考案なども始まっています。自分には何ができるのか探っていきたいと思う方、ぜひご参加ください。

年4~6回開催予定。参加費は、2,000円。認定ポイントは、0.25です。

銀座部会のイベントを確認

支部会よりお知らせ

賛助会員のご紹介


PAGETOP