私たちは、更年期に関する正確な知識の普及および医療水準の向上を目指します。

北海道支部会

連日開催(懇親会あり)の勉強会

北海道支部会は札幌市で活動を行っています。支部長は「満岡内科・循環器クリニック」の満岡 孝雄(みつおか たかお)先生です。

北海道は広大で、道内の会員同士が会うのも容易ではありません。そのため、交通の便が良い札幌駅周辺が勉強会の会場に設定され、なおかつ連日にわたり(土曜午後~日曜午前)開催されます。支部長も帯広市から泊りがけで参加されます。1日目の夜は懇親会があり、会員の近況が報告されています。

北海道支部の勉強会は一般社団法人日本サプリメント学会による「サプリメントアドバイザー認定得点」の加点対象となっています。これは、支部長の満岡先生が予防医学およびサプリメントの研究を長年続けており、勉強会では栄養学やアンチエイジングの話題にも時間が割り当てられているためです。

北海道支部のイベントはNPO会員、非会員を問わず参加できます。勉強会の開催月はメノポーズカウンセラー研修会(東京開催)と異なる月に設定されています。開催日時につきましては、WEBサイトのトップページをご覧ください。

北海道市部会の様子

支部長より

支部発足の経緯

満岡先生

2012年9月、東京で第5回メノポーズカウンセラー研修会が開催された。その時、北海道から6人の会員が参加していたが、北海道でも勉強会ができないかとの話が出た。その理由として、東京での研修会には多数の参加者があり、参加者のレベルも様々で、聞きたくてもなかなか細かいところまで質問ができない。北海道から東京に出かけるにしても、それなりの費用がかかり、年に何回も個人では参加できない。 

理事長の小山嵩夫先生にご意向を伺ったところ、ぜひやって下さいとの事であった。こうして2012年12月3日、第11回更年期と加齢のヘルスケア学会学術集会の前夜、北海道会員7人が集まり、支部発足に向けての準備委員会を開いた。会の名称は「更年期と加齢のヘルスケア学会」北海道支部勉強会とする事、事務局は満岡内科・循環器クリニックに置き、13年3月に第1回の勉強会を開催する事などを決めた。北海道在住の会員13人に連絡をとり、参加希望者9人で支部を発足した。内訳は札幌4人、千歳1人、帯広3人、網走1人であった。

活動

年に数回、主に札幌で勉強会を開催している。内容は、更年期と加齢、HRT、サプリメント、カウンセラー・アドバイザー試験、などの解説が主である。メノポーズカウンセラー0.5単位、サプリメントアドバイザー0.5単位の受講単位が取得できる。講師は支部長や会員がつとめている。外部からの講師は費用がかかるので招聘してない。スポンサーもつけない。参加費は会場費や資料代などを割勘で算出する。2000円前後である。参加者は10名前後で、土曜の午後から日曜の午前まで丸1日である。土曜の夜は懇親会をもち、会員の親睦と情報交換を毎回行っている。会員は、ほとんどが女性で、医療従事者、エステティシャン、会社員、主婦などで、医師は支部長だけである。お互いの活動を支援しながら、和気あいあいとやっている。

クリックするとこれまでの勉強会が確認できます

2014年には、学会主催の「北海道サマーセミナーin北海道然別湖」を北海道支部がお世話し、2泊3日で十勝の然別湖畔ホテル風水で開催した。好評であったので、今年は「第2回サマーセミナーin北海道然別湖」を開催する。

支部勉強会への参加のお誘い

北海道支部勉強会は北海道に在住している方だけではなく、全国に門戸を開いています。どうぞ道外の方も参加していただければと思います。また、会員でない方も参加可能です。以下までお問い合わせいただければ、次回の案内を差し上げます。


〒080-0838
北海道帯広市大空町3丁目14-3 満岡内科・循環器クリニック内
更年期と加齢のヘルスケア学会 北海道支部 事務局
TEL:0155-48-9111 FAX:0155-47-3411
北海道支部会のイベントを確認

支部会よりお知らせ

賛助会員のご紹介


PAGETOP